カードローン審査

カードローンの審査に通らないときの確認ポイント

投稿日:2016年9月21日 更新日:

カードローンの審査に通らないときの確認ポイント

カードローンの審査に通らないことで悩んでいる人は多いです。

消費者金融ではあっさり通るけど、銀行の審査には通らないという人も、とあるポイントを改善すれば通るようになるかもしれません。

ここでは、カードローンの審査に通らないときに確認するポイントについて解説をします。

年収が一番重要?

カードローンは無担保・無保証で借金をするものですから、本人が働いていて収入を得ているということが一番重要になります。

給与収入を得ていれば、本人が返済してくれないときでも給与の差し押さえという最終手段をとることができます。

正社員であることが望ましいですが、銀行でも「パート・アルバイト・自営業の人でも可」となっているところはそれなりにあります。

カードローンで無理のない金額を借りるくらいなら派遣や契約社員の人も問題ありません。大切なのは、毎月安定して一定の収入が入ってくるということです。

審査に落ちる原因となりやすいのが信用情報

多くの人は働いて収入を得ていますから、カードローンの審査に落ちるということはあまり起こらないと考えることもできます。

しかし、安定した収入を得ているのに、どうやっても銀行カードローンの審査には通らないという人もいます。

その理由として多いのが、個人信用情報に傷がついているというものです。

クレジットカードやローンの利用実績は、個人信用情報に残っています。たった数日でも延滞をしてしまうと、「延滞」の記録が残ります。

3ヶ月以上の長期延滞をしたり、債務整理をしたりすると、いわゆるブラックリストにのってしまいます。銀行カードローンでは、「過去1年以内に延滞をしていないこと」が条件となっていることがあるように、信用情報にはかなり厳しいようです。

消費者金融では通るけど、銀行ではいつも断られるという人は、延滞に気をつけるようにしたら通るようになるかもしれません。

他社からの借入の目安は?

一般的に、他社からの借入は少ないほど信用が上がります。銀行で借りるなら、借入件数は多くても3件、理想を言えば2件以内にしておくべきでしょう。

クレジットカードについているキャッシング枠についても、借入件数1件にカウントされることに注意が必要です。

ほとんどの人はクレジットカードを1枚、2枚は持っているので、銀行の審査に通るには他社からの借金をできるだけ少なくしておくことがポイントになるでしょう。

住宅ローンなどは借入件数にカウントされません。

いかがでしたでしょうか?このほかにも、勤続年数が短すぎることが審査落ちの原因となることもあります。カードローンの審査では総合的な判断がされるので、1つや2つくらい不利なポイントがあっても挽回できることはあります。

-カードローン審査

Copyright© カードローン徹底比較!失敗しないカードローン選び , 2018 AllRights Reserved.