カードローン審査

公務員だとカードローンの審査が有利になる理由

投稿日:2016年9月21日 更新日:

公務員だとカードローンの審査が有利になる理由

カードローンの審査では職業についても確認されるのですが、そこで最も好まれるとされているのが公務員という職業です。

この職業に就いている人はまずどのような業者であってもマイナス要素にはなりませんし、一部上場企業の役員などには届かないものの、一部上場企業に勤めている人と同じくらいの信用は間違いなく得られます。

ではどうして公務員がカードローンでは有利とされているのか、その理由について探っていきましょう。

公務員のポイントは失業リスクがほとんど無いこと

まず公務員がカードローンの審査で有利になる最大のポイントとなるのが「失業のリスクがほとんど無い」ということです。

民間企業も経営が安定していれば即座に倒産するということはありませんが、国に雇われている公務員ほど失業リスクが低いわけではありません。

もちろん公務員と言えども一生間違いなく勤められるという保証があるわけではなく、体調不良や国の財政の悪化による人員調整などが行われる可能性はあります。

しかしそうしたリスクを差し引いても失業リスクが著しく低いため、極めて安全な顧客としてみなしてもらえるのです。

収入の安定性もポイント

次にポイントになるのが収入の安定性です。

民間企業の場合は当然ながらその企業が行っている事業の収益によって給与が渡されることになりますから、収益が減少するようなことがあれば給与にも影響が出ます。

ですがこの点において公務員の場合は国が国民から得る税金によって給与を支払っているため、日本という国があり、正常な経済が維持されているのであれば常にある程度一定した給与が見込めるのです。

この給与の安定性はカードローンの返済も非常に計算しやすく継続しやすいものにしてくれますから、貸し付ける側も安定した返済を見込めるということで審査には良い効果が期待できるわけです。

ただし絶対に通るわけではない

ただ注意が必要なのが「公務員だからと言って必ずカードローンの審査に通過できるわけではない」という点です。

例えば公務員であっても総量規制の影響は受けますから年収の1/3以上の額を貸金業者から借り入れることは出来ませんし、過去に返済の滞納や債務整理をしたことがあるのならば信用が足りないとされて審査に通過できなくなることはあります。

これはどのような職業にでも言えることですが、根本的な信用が出来ていないと審査は通りようがなくなってしまいますから注意しましょう。

まとめ

公務員は失業リスクの低さと給与の安定性があるためにカードローンでは非常に好印象を持たれます。

ただし職業によって絶対に審査に通過することが保証されているわけではないという基本を忘れてはいけません。

この基本が理解できていないとどういった仕事であってもカードローンは利用できませんから、普段から信用についてはしっかり考えておきましょう。

-カードローン審査

Copyright© カードローン徹底比較!失敗しないカードローン選び , 2018 AllRights Reserved.