クレジットカード

クレジットカードのカードローン機能

投稿日:2016年9月21日 更新日:

クレジットカードのカードローン機能

カードローンとは、一般的にはローン用のカードを作ったうえで、消費者金融、銀行などからお金を借りることを指します。

そして、借りたお金の使い道は特に指定されないことがふつうで、自分の思い通りに使ってかまいません。

このようにカードローンでは消費者金融や銀行などから借りるのが普通なのですが、実はそのほかにもカードローンでお金を借りる方法はあります。それが、クレジットカードのローンです。

クレジットカードのカードローン

多くの人がクレジットカードを持っているでしょうが、もちろんクレジットカードの一番の使い道はショッピングです。

ところが、カードが送られてきたときの説明書とか、最近ではwebからでも確認できますが、ショッピングのほかにもキャッシングが設定されていることがあります。

例えば、あるカードではショッピング枠として40万円、キャッシング枠として20万円などと設定されていたりします。

この場合、そのカードを使って40万円までのショッピングができるとともに、キャッシングとして20万円までお金を借りることができるのです。

この2つの枠は別々のものです。ショッピング枠を40万円まで一杯につかっている状況で、キャッシング枠は全く使っていないからといってその20万円分をショッピングに使うことはできませんし、逆にキャッシング枠一杯までお金を借りた状態で、ショッピング枠を利用してさらにお金を借りるようなこともできません。

なお、カードによっては、キャッシング枠の設定がないこともあります。

使い方は?他のカードローンと比較するとどうなの?

使い方は別に難しくありません。街中にあるATMでキャッシングを選び、クレジットカードを入れるだけです。もちろん本人確認のために暗証番号が必要です。ただこれだけでお金を借りることができます。

クレジットカードはやはりショッピングが第一の利用目的で、キャッシングはどちらかというと付随的なものです。

そのため、キャッシングの限度額が低く設定されていることが一般的で、10万円から20万円程度であることが多いでしょう。これは他のカードローンと比較するとかなり少ない金額です。

クレジットカードでもカードローンがついていることがありますが、限度額は一般に低めです。ちょっとしたときには約に立つかもしれませんので、自分のカードでどれくらい使えるかは把握しておきましょう。

-クレジットカード

Copyright© カードローン徹底比較!失敗しないカードローン選び , 2018 AllRights Reserved.