おまとめローン

おまとめローン消費者金融と銀行カードローンどっちがいいの?

投稿日:

おまとめローン消費者金融と銀行カードローンどっちがいいの?

おまとめローンを検討している方、消費者金融と銀行カードローンの違いを知っていますか?それぞれどんな違いがあるのでしょうか。

審査が甘いカードローンはない

おまとめローンの違いのひとつに、『審査の甘さ』があります。

しかし、一般的におまとめローンの審査は厳しいといわれています。理由は、おまとめローン=複数社の借入を1本化しているからです。

借入を1本化すると必然的に高額貸付になります。そのため、おまとめローンの審査は一般的に厳しくなってしまうのです。

それでも、消費者金融と銀行カードローンで比較した場合、消費者金融のほうが審査は甘くなります。

あくまでこの2つを比べた場合ですので、おまとめローン全体で見ると決して審査基準は低いとはいえないでしょう。

なぜ消費者金融のほうが審査が甘いといわれているのか。その理由は、消費者金融のほうが銀行カードローンよりも積極的におまとめローンの貸付を行っているからです。

それでも、銀行カードローンをそのまま、おまとめとして使うことは可能になります。

銀行カードローンが総量規制対象外ということはご存知の方も多いでしょう。そのため、年収に関係なく利用できます。

そういった理由から基本的におまとめローンを用意していないわけですが、銀行カードローンをそのままおまとめローンにすることで、低金利でローンをひとまとめにし返済することができるようになります。

消費者金融はどうしても金利が高くなってしまうので、そこをきちんと理解しておかないと損してしまう場合があります。

金利が低いカードローン

先にも述べたように、銀行カードローンでおまとめローンにすると『金利が低い』というメリットがあります。

これは非常に大きなメリットになりますが、そのぶん”審査が厳しくなる”というデメリットになってしまいます。

消費者金融のほうが審査は甘いといいましたが、それは金利の高さも関係しています。もちろん、審査が甘いからといって誰でも簡単に審査に通るというわけではありませんが、さらに審査が厳しくなるのが銀行カードローンというわけですね。

ですから、低金利でおまとめローンを選ぶなら断然銀行カードローンのほうがお得になります。ただ先にも述べたように審査が厳しいので、それをクリアしないことには銀行カードローンでおまとめローンにすることはできません。

それでも審査に自信があれば非常に有利な手段といえるでしょう。

ちなみに、設定している金利は銀行によって違います。まずは比較してみてくださいね。

消費者金融がおすすめな人

では、どんな人が消費者金融のおまとめローンに適しているのでしょうか?

それはズバリ

  • すぐにキャッシングの1本化をしたい
  • 審査に通りやすいところを選びたい

こういった方は消費者金融によるおまとめローンが適していますね。消費者金融は審査が甘く即日融資が可能なところが多いですから、一刻も早くおまとめローンにしてローンの負担を減らしたいという方にはピッタリです。

どんなにひどい多重債務でも審査に通りやすいため、急いでいる方にとっては有り難いでしょう。

そのぶん”金利が高い”というデメリットがありますが、『すぐにキャッシングを1本化したい』方には必見です。

私が消費者金融でのおまとめローンした理由

私は、今すぐにローンを1本化したかったのと、審査に自信がなかったので消費者金融でのおまとめローンにしました。

収入もアルバイトのみでしたから、正社員のように安定継続した収入があるわけではありません。

何年も勤務しているので収入が途切れることはありませんが、銀行カードローンよりも消費者金融のほうが安心でしたね。

実際、消費者金融でローンを1本化し、金利は高かったもののすぐに審査に通ったので助かりました。

銀行カードローンがおすすめな人

正社員として働いており、安定継続した収入がある方は銀行カードローンでのおまとめローンがオススメになります。

『審査に落ちるかもしれない』という方は、消費者金融のほうが安心でしょう。

銀行カードローンは金利が低い代わりに審査が厳しく、審査に自信がないとどうしても落ちやすくなってしまうからです。

とはいえ、年収が高ければ審査に通りやすいというわけではありません。どんなに高い年収を得ていても、安定継続した収入がなければ意味がありません。

審査でもそこをチェックされますので、正社員でありきちんと継続して収入があることが審査の条件になるのでしょう。

まとめ

これらをまとめると、消費者金融と銀行カードローンでは、どちらも個々の条件によって良し悪しは異なります。

そのため、どちらのほうが飛び抜けて優秀ということはありません。審査や金利などに違いはあるものの、消費者金融に向いている人、銀行カードローンに向いている人がいますから、まずが自分がどちらのタイプになるのか考え、1本化しやすいほうでおまとめローンを利用してくださいね。

そして、おまとめローンを利用する前に各ホームページにある返済シミュレーションで無理のない範囲で返済計画が立てられる、利息総額が少なくなるローンを選びましょう。

-おまとめローン

Copyright© カードローン徹底比較!失敗しないカードローン選び , 2018 AllRights Reserved.