カードローン初心者講座

カードローンとサラ金に違いってあるの?

投稿日:2016年9月21日 更新日:

カードローンとサラ金に違いってあるの?

カードローンとサラ金は時折混同されることもありますが、実際には全く違う存在であるということに注意が必要です。

混同していることで致命的なトラブルが引き起こされるなどのことは無いですが間違ったまま理解していると恥をかいてしまうこともあるでしょうから、それぞれの意味と違いをここでチェックしておきましょう。

そもそもカードローンって何?

まずはカードローンとは何かということについてですが、これは専用のカードとATMやキャッシュディスペンサーを使ってお金を借りる金融事業のことです。

かつては指定した口座にお金を振り込んでもらうキャッシングの方が主流でしたが最近では利便性の観点からカードローンの方が主流になっていています。

返済は基本的に分割返済の方式になりますから多めに借りたとしても返済が比較的楽であり、計画的に利用すれば非常に便利な存在と言えるでしょう。

サラ金とは?

ではサラ金とは何かについてですが、これは消費者金融のことを示す俗語とするのが一般的です。

消費者金融というのは貸金業に分類される金融事業者のことであり、消費者に対して消費目的の融資をして利益をあげる事業を行っている事業者と定義されます。

ちなみにサラ金というのはサラリーマン金融、つまりサラリーマンが利用する金融機関といったイメージから作られた言葉となっており、一部ではヤミ金のような違法業者を連想する人もいます。

ただ闇金とは全く別のものですから、混同しないように注意してください。

カードローンはサラ金が運営する事業

さて、ここまでのことを踏まえて考えると「カードローンはサラ金が運営する事業だ」といったように理解することができます。

サラ金というのは事業者の種類、カードローンはキャッシングと対をなす消費者向け融資といったように理解すると多少分かりやすくなるでしょう。

また最近だとカードローンはサラ金だけではなく銀行系業者が運営することも増えてきていますから、サラ金=カードローンといった理解では少々不適当だと言えます。

まとめ

よく混同されるカードローンとサラ金という二つの言葉ですが、その意味を知ると違いもしっかり見えてきます。

これは消費者向け融資の話をする際には最も基本的な部分となっていますから、今後こうした業者を利用するのであれば違いを押さえておくことが大切になります。

いざという時に違いがわからずに迷ってしまうなどのことが無いようにしっかり覚えておきましょう。

-カードローン初心者講座

Copyright© カードローン徹底比較!失敗しないカードローン選び , 2018 AllRights Reserved.