カードローン初心者講座

コンビニATMでも利用できるカードローン

投稿日:2016年9月21日 更新日:

コンビニATMでも利用できるカードローン

カードローンの利用方法には、多様な方法が提供されていますが、今も昔も最も利用されているのがATMです。

カードローンというくらいですから、ATMが基本とはなるのですが、近くにATMがないケースでは非常に不便さがありますし、近くにATMがあっても営業時間外であれば利用できないケースなどもありました。

銀行や消費者金融業者の場合、多くのATMがありますが、物理的な問題としてはまだまだ十分とはいえません。

たまたま自宅の近くにあれば便利というところです。

また、最近では、ネット専用銀行などの店舗やATMを持たないカードローン業者が登場しており、カードローンの利用方法は、カードレスのインタ―ネット取引にシフトするかと思われていました。

しかし、コンビニATMが利用できることになったことで、インターネット取引に大きくシフトすることはありませんでした。

圧倒的な店舗数を誇るコンビニの便利さがそれを阻む形になっているのです。

各コンビニには、系列銀行などのATMが設置されていることがほとんどで、これを提携先とすることで利用できるATMの数が膨大な数となりました。

また、コンビニは24時間365日営業しているところも多く、まさにいつでも自由に利用できるというわけです。

コンビニのメディア端末も利用可能

コンビニではATM以外にもメディア端末を利用することができます。

ATMが設置される以前には、このメディア端末が主流になると考えられていたのですが、規制緩和によりATMが店舗に設置されるようになると影を潜めることになります。

メディア端末は、今でも利用可能ですが、ATMと比べると不便ですし、支払いはレジで行うことになり、また、取引手数料もかかるため最近ではあまり利用されることはありません。

コンビニATMの利用手数料について

銀行系カードローンの場合には、ほとんどのケースで提携先であるコンビニのATMをいつでも無料で利用することができます。

これは、銀行系カードローンの大きなメリットの一つともなっており、消費者金融業者との差別化に貢献しています。

これに対して、消費者金業者などの場合には、手数料がかかるところがほとんどです。

手数料は、1万円の場合には108円、それ以上だと216円という感じになりますが、度々利用すると馬鹿にはできない金額となります。

コンビニとしては、ATMの利用による収益というのはさほどありませんが、多くの顧客を店舗に連れてきてくれるというメリットがあります。

つまり、多くのATM利用者がついでに買い物をして帰るケースが多いわけです。

-カードローン初心者講座

Copyright© カードローン徹底比較!失敗しないカードローン選び , 2018 AllRights Reserved.