銀行カードローン

総量規制がない銀行カードローンはどんな人におすすめ?

投稿日:2016年9月21日 更新日:

総量規制がない銀行カードローンはどんな人におすすめ?

お金を借りる手段として、一昔前までは消費者金融が有名でした。

テレビコマーシャルでも頻繁に見かけることが多かったため、一定以上の年齢の人には印象が強く残っている傾向があります。

ところが近年では銀行もカードローンのサービスを提供するようになり、多数の企業や業者からお金を借りられる便利な状況となっています。

銀行カードローンとは?

預金口座や住宅ローンなど、金融商品を取り扱う銀行が発行する、キャッシング用のカードのことです。

厳密には違いますが、ほぼ似たような業務を行っている信用金庫などの金融機関も、銀行カードローンと同じ枠組みで巷では紹介されることが多くなっています。

預金口座を作ると同時にキャッシュカードを受け取ることができますが、キャッシュカードは自分の口座からお金を引出したり、預けたりする機能のカードです。

一部を除き、お金を借りる機能は付いていません。別途、カードローンに申し込むことで、サービスを利用できます。

消費者金融との大きな違い

最もはっきりしているのが、総量規制がないことです。

総量規制は年収の3分の1を超える融資を行ってはならない制度です。貸金業法に該当する法律ですので、消費者金融や信販系のカードローンにしか適用されません。

銀行はまた別の法律に則って運営されていますから、年収を気にせずにサービスを利用できるメリットを持っています。

審査に通りにくい噂は本当か

比較的金利の低めなカードローンが多いため、銀行のサービスは審査に通りにくいと口コミで盛んに話題になっています。

そのような傾向がないとはいえませんが、実際にはパートやアルバイト、学生に派遣社員など、年収が少なめな立場の人でも受け入れる体制が整っていますので、一概に審査が厳しいとはいえません。

また、総量規制が適用されないため、収入のない専業主婦や、仕事をしていない年金生活者でも借りられる銀行カードローンは割と多く存在します。

その点を考えれば、審査に通りやすいサービスだと判断できます。

まとめ

消費者金融だけでなく、銀行からもキャッシングができるカードローンが提供されています。貸金業法が適用されないため、総量規制の問題が存在しません。

審査に通りにくいとされますが、パートやアルバイトなど、年収が少なめな人でも申し込み可能です。

収入のない専業主婦でも借りられる可能性を秘めていることから、幅広い層を柔軟に受け入れてくれる、申し込みのしやすいカードローンです。

-銀行カードローン

Copyright© カードローン徹底比較!失敗しないカードローン選び , 2018 AllRights Reserved.