カードローン徹底比較!最重要項目3つ

金利が良心的な範囲内であること

カードローンというと、高金利のイメージがあるかもしれませんが実際はかなり幅があります。

check審査にきちんと通りそうであること

融資の際には審査があります。審査に通らないと、借り入れができません。

checkコンビニからの払い込み可能など、返済しやすいこと

借り入れを返済する際には、近くのコンビニから返せると便利です。

カードローン比較

カードローンは、急な出費が必要になった時の心強い味方です。カードローンは、クレジットカードのようなカード1枚で手軽にお金を借りることができます。

もしのもために、1枚持っておいて損はないでしょう。ところで、カードローンを選ぶ際には、3つのポイントがあります。

まずは、金利が良心的なところを選ぶということです。カードローンは、一般的な融資よりも金利が高い事が特徴です。

クレジットカードの分割・リボ払いが大体年利15パーセント前後であることを考えると、銀行系列のカードローンは低いところだと3パーセント、高いところだと18パーセントの金利がかかります。

低い金利で契約するためには、例えばその銀行のお得意さんであるとか、様々な条件が必要になってきます。

融資の実績がないか、以前に払えなかったという記録が残ってしまっている場合、高金利でしか審査に通らない事や最悪の場合、審査そのものに落ちてしまうことがありますので注意しましょう。

できるだけ低い金利のカードローンを選んでください。

カードローンを選ぶ際の豆知識3つ

check審査なしの業者はかえって危険!

信用情報に不安のある方は利用したくなってしまう「審査なし」の業者ですがソフト闇金かもしれません。

checkカードローン契約時に必要な書類を用意しておこう!

カードローンの審査のために必要な、収入を証明するための書類を準備しておきましょう。

check無職や学生の場合はカードローンを契約できる?

無職の場合はカードローンを契約できません。学生の場合は、パートなどで定期的に収入があれば契約できます。

カードローンを契約する前に知っておきたいこと

カードローンを契約する際には、カードローンそれぞれの特徴を知っておくことが重要です。
例えば、カードローンといっても、銀行系と消費者金融系がありますが。一概に銀行系が使いやすいと言い切ることもできません。

消費者金融系のカードローンには「無利息期間」があり、初回に限り、借り入れ日数を限定して利息がかからないという仕組みになっています。

また、無人契約機といった、ATMのような見た目の機会があり、カードローンの申し込みは無人契約機からすることになります。

審査結果が早く出ることも特徴の一つです。そのため、ちょっと使ってすぐに返したいという方にとっては、消費者金融の方が使い勝手が良いケースもあります。

一方で、銀行系のカードローンは、金利が低い傾向にありますが即日融資ができないことのほうが多いです。

銀行が、貸し出す先をかなり選んでいるといってもいいでしょう。締め日、返済日が決まっており、無利息期間は無いところが多いです。

ちょっと使ってすぐに返したいという方にとってはかえって使いづらいかもしれませんね。

一方で、どちらかといえばゆっくり返済していきたいという人にとっては、銀行系カードローンのほうが安心でしょう。

すでに住宅ローンや自動車ローンなどで、銀行から借り入れがあり、きちんと返済している場合、より有利な条件で契約できることもあります。

カードローンを選ぶ際に、「審査なしでOK」とうたっているところは絶対に選んではいけません。

普通見ず知らずの人にお金を貸すことはありませんよね?それと一緒で、カードローンの会社は、返済ができそうな人に限定してお金を貸します。

そのための審査なので、審査が無いということは返せるか返せ無いかわから無い人に貸し出すことと一緒なのです。

なぜ、返せ無いかもしれない人にも貸すのかというと、個人間のお金の貸し借りだと主張することで、法律の様々な規制から逃れようとしているためです。

総量規制といって、年収の1/3異常は貸し付けてはいけないという決まりがあるのですが、悪徳業者は個人間の貸し借りだと主張することで総量規制を超えて貸し付けを行い、高い利息を搾り取ろうという作戦です。

審査なしのカードローンを持たないことも一つですが、もし万が一そのような業者に当たってしまった場合は、専門の弁護士などを通じて早急に解決してください。

カードローンを契約する際には、収入を証明するものが必要になります。年齢、収入金額、雇用形態といった条件をクリアして初めて、カードローンを契約することが可能です。

収入を証明する書類は様々な種類がありますが、公的な機関が発行するものはほとんどのところで受け付けてもらえるようです。

自営業の場合は、確定申告書の場合が多いでしょう。まだ就職して間もない方や、収入に波がある方、高齢である方は審査に通りにくくなります。

無職の場合はどうなるのでしょうか?

無職の場合は、カードローンの契約自体、かなり難しくなります。消費者金融では、貸し付け金額は年収の1/3までという総量規制があるため、無職の方にお金を貸すことはありません。

一方、銀行の場合は総量規制の対象外になるのですが、銀行は審査が厳しいため無職の方が借りるのはかなり難しいでしょう。

専用主婦の場合は、配偶者の同意書など、いくつかの書類を出せば通るところもあるのですが、基本的にはカードローンを契約できないことが多いです。

カードローンを契約するためには、定期的に収入があることが大事なのです。その他、審査で落ちてしまいやすい原因になるのは借入先が多いことです。

借り入れ先が多いと、結果として返済が滞ってしまうことが多いため審査になかなか通らなくなります。

審査に通らないと、落ちたという情報も残ってしまい、後々の別の審査をするときにも落ちたという情報を見られてしまうため、一度審査に落ちたらしばらく間を空けてから、再度申し込みをしてみることが重要です。

人気のあるカードローンを比較してみました

アイフル

アイフル
使いやすさ 掲載情報量 総合評価
ニジュウマル ニジュウマル ニジュウマル
おすすめポイント
アイフルは、申し込み条件が比較的ゆるやかで、申し込み手続きが短時間に終わることが特徴です。いざ使いたいというときに、さっと使えるので便利ですよ。

プロミス

使いやすさ 掲載情報量 総合評価
ニジュウマル ニジュウマル ニジュウマル

SMBCモビット

モビット
使いやすさ 掲載情報量 総合評価
ニジュウマル マル ニジュウマル

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。


三井住友カード ゴールドローン

三井住友カード株式会社
使いやすさ 掲載情報量 総合評価
ニジュウマル ニジュウマル ニジュウマル

メリット

  • カードレスが選べる
  • 金利が下がる
  • カードレスは金利が低い
  • 2万円からの返済(=元金返済が早い)

デメリット

  • 即日融資不可
  • 2万円からの返済で少々高い

オリコ

オリコ
使いやすさ 掲載情報量 総合評価
ニジュウマル マル ニジュウマル
おすすめポイント
オリコはもともとクレジットカードの会社ですが、カードローンもしています。カードが届く前にお金が必要なときは、振込融資に対応する場合もあります。

ジャックス

ジャックス
使いやすさ 掲載情報量 総合評価
マル マル マル
おすすめポイント
ジャックスは信販会社の中でも、自動車ローンやブライダルローンなどで有名な会社です。国内で有数の規模を誇る企業です。個人向けの融資としてカードローンがあります。

イオン銀行

イオン銀行
使いやすさ 掲載情報量 総合評価
マル ニジュウマル マル
おすすめポイント
イオン銀行は、流通大手のイオンが手がけるファイナンスサービスです。イオン銀行のカードローンは金利が良心的なことが特徴です。

エポス

エポスカード
使いやすさ 掲載情報量 総合評価
サンカク マル マル
おすすめポイント
エポスは1000円単位での借り入れに対応しているため、本当に必要なときに必要な金額だけ借りられます。ネットで借り入れが出来き即日振込に対応しています。

不動の一位!アイフルが人気である理由について

check審査条件がゆるやか。収入があればパートでもOK

check申し込みが非常に簡単!店舗でもネットでも

check女性専用ダイヤルがある!人目を気にせず安心

アイフルは、長年にわたり不動の人気を誇っています。人気の秘訣は、3つあり、まずは審査条件がゆるやかということでしょう。

審査条件がゆるやかなため、だれでも収入が継続して得られている人であれば借り入れることが可能です。

年収の1/3までしか借りられないため、年収600万円の人が200万円まで借りられるのに対し、年収100万円の人は30万円までしか借りられませんが、これはどこのカードローンを使っても同じことです(銀行は総量規制がないため、この通りではありませんが審査が厳しい傾向にあります)

だれにでも使いやすいサービスであるということが、アイフルの人気の1つめの理由です。

次に、申し込みが非常に簡単であることです。実店舗でも、ネットでも手続きができ、スマホでもOKです。外出をせずに、借りられるというのはかなり便利ですね。

ちなみに、返済はアイフルのATM、提携ATMや口座振替などで受け付けています。口座振替は、決まった日にお金が引き落とされるので、お金さえ準備しておければ入金の手間がないので楽チンですね!

人気の理由の3点目は、女性専用ダイヤルがあることです。

どうしても必要になったとき、借り入れでお金を補充する、というのは後ろめたいことではないのですが、なんとなく女性にとっては、女性がカードローンを使うということそのものにちょっと気が引けてしまうという方もおられるでしょう。アイフルは、女性専用の相談ダイヤルがあるので借り入れに抵抗があるという方でも大丈夫です。

アイフルは、多くの人に使いやすいカードローンであり、借りる側の気持ちにも配慮したサービスがあります。

まとめると、アイフルの人気がある理由は、利便性とサービスの良さです!

自分に合ったカードローンを選ぶには?

カードローンとは個人向けで借りたお金の使い道が自由な融資を受けることができるサービスです。

世の中には実に多数のカードローンが存在するため、一体どれが自分に最もよく合っているのか分からなくなってしまいますよね。

できるだけ自分に合ったサービスに申し込みができるよう、上手な選び方をご紹介します。

金利で選ぶ

これからどのカードローンを利用しようか選ぶときに、非常に重要なポイントとなるのが、やはり金利の設定です。

金利の利率が低いサービスであれば同じ金額の借り入れをしても返済し終わったときに支払う利息の金額が安くなりますので、基本的に利率は低ければ低いほどよいと言えます。

カードローンの金利は実質年率という数字で表示されていますので、実質年率の数字ができるだけ小さいサービスを選ぶように心がけましょう。

運営会社で選ぶ

カードローンを運営している会社には大きく分けて2つのタイプがあります。

それぞれに特徴がありますし、総量規制の対象となるかどうかなど重要な違いがありますので、運営会社の違いに注意して選ぶようにしましょう。

まず1つは、銀行が運営しているサービスで、これは比較的金利が低く総量規制の対象とならないのがメリットですが、一部の銀行ではその銀行の預金口座を持っていないと利用できない場合もあるなど、利便性の面では若干使いづらいこともあります。

もう1つは消費者金融が運営しているサービスで、土日に融資ができたり自宅に郵送物が一切届かないサービスなど、利用者の立場に立ったきめ細かいサービスが魅力ですが、金利が若干高いことと総量規制の対象となるのが注意すべき点です。

付加サービスで選ぶ

最近のカードローンでは、ただ単にお金を借りるだけでなく、より便利に利用できるように様々な付加サービスが存在します。

例えば、初めて利用する人は最初の30日間などの一定期間が無利息になるサービスは、短期間で返済する計画の人ならば支払う利息の総額を安く抑えることができます。

カードローンを利用することを他の人に知られたくないという希望があるならば、インターネット上で全ての手続きが完了し、カードや契約書類が自宅に一切届かないサービスを選ぶと安心して利用することができます。

まずは自分にとってどのようなサービスがあるとよいかを明確にして、興味のあるカードローンがどのようなサービスを行っているか公式サイトなどでしっかりと確認して選びましょう。

カードローンは利息を払ってお金を借りるサービスですので、サービスの特徴や注意点などをしっかり理解し、自分のニーズに最も合ったものを計画的に利用しましょう。

投稿日:2016年11月19日 更新日:

Copyright© カードローン徹底比較!失敗しないカードローン選び , 2017 AllRights Reserved.